日本酒の種類と選び方 > 幻の日本酒「別設」

幻の日本酒「別設」

一見するとドンペリのようにも見えるスタイリングで、革で出来たラベルの一風変わったかっこいいボトル。もちろん中身は日本酒である。
12月からフランスなどの三ツ星レストランなどにも使われている人気銘柄である『醸し人九平次』が発売した限定大吟醸である。
このお酒は2002年に生産された大吟醸の「中取り」を4年間、さらに+1度で貯蔵した「珠玉の逸品だ」とも言われている。
また、ラベルには “ANNEE 2002”と印刷してある。この「ANNEE」とはフランスゴで「年号」という意味である。このようなところを見ると本物のヴィンテージもののワインのようにも思える。
全国で1000本だけの限定発売などもされていて、この限定商品を飲んだ人の感想では「醸し人九平次」らしい優しさを感じさせ、また気品も漂う一品であるらしい。さらに料理との相性もばつぐんでどんどんとお酒が進むそうである。飲んでいるとなんとなく幸せな気持ちにさせてくれるそうだ。
この幻の商品を作っているのが(株)萬乗醸造であり、愛知県の名古屋の地酒である。
この(株)萬乗醸造は平成9年、「醸し人九平次」という銘柄で突然現れた。これをスタートさせたのが15代目 久野九平冶と、その同級生であり友人でもある杜氏の佐藤彰洋である。当初は日本酒業界とは全く縁がない生活を送っていたが、年の暮れに父と杜氏が共に病に倒れると、急きょ蔵に戻って15代目を襲名したのである。
それから佐藤杜氏を誘って大変な努力して現在に至ったと言われている。
そのこだわりも、また一流である。仕込みに使う水は、300年かけて沸いてくるといわれている長野の水をわざわざ現地まで汲みに行き、徹底的に神経を配っている。さらに小仕込みで「量より質」というおいしいお酒に仕上がっている。このこだわりのお酒のファンが後を絶たないという。
さらに、お酒を搾るものである「ヤブタ」というものなども冷蔵庫に入れるという気の配りようであり、パリ三ツ星レストランでお取扱中の幻の銘酒ということが出来る。