日本酒の種類と選び方 > 日本酒のランキング

日本酒のランキング

日本酒は父の日やお歳暮に贈る、贈り物などに多く利用されている、中高年に人気があるお酒である。

これらの中で最も人気があるお酒を何個か紹介しよう。

●「長流」
この日本酒を作っている長流酒造は「お客様が真に安心し、満足いただける日本酒」を目標としてこの日本酒「長流」を作り続けている。

その経歴としては、世界酒類食品コンクール「モンドセレクション」では1992年の初出品をして以来、連続してゴールドメダルを受賞。さらには2002年にクリスタル製のハイクオリティトロフィの授与。それに続いて「グランドゴールドメダル」も受賞した。

この「長流」はこの他にも様々な賞を受賞している日本酒で、世界でも認められている日本酒ということができるだろう。

●「呉春」
このお酒の“呉”とは池田の古い雅称である『呉服の里』に由来しているといわれている。一方、“春”はというと、中国唐代の通語で“酒”を意味している。

というわけで、「呉春」という名前になったのである。

この「呉春」は、様々な温度で楽しむことができるお酒である。

つまり、冷酒はもちろん温酒、それだけでなくて常温でも美味しくいただけると言われるお酒で、大変人気があるのだが、出荷数量の少ない地酒であるため希少なお酒だと言われている。

●「秋鹿」
現在の日本酒ランキングで1番の人気があると言われている銘柄である。

この「秋鹿」の純米酒・山田錦はガスが含まれているため、直汲みすることによってシュワシュワ感が感じられ、それが癖になり買いに来る人も多いようである。

このシュワシュワ感が人々を魅了するが、これをゆっくり、時間をかけて飲む事によって、だんだんとそれが米の旨みと一体となる。これにより、ますます旨口のお酒になるので、酸が米の旨みを包み込む。これによってキレの良い喉越しに加えて爽やかさを感じることができるお酒である。