日本酒の種類と選び方 > 女性に大人気!の日本酒

女性に大人気!の日本酒

日本酒は「アルコールの強いお酒」、「独特の風味が苦手」など、どこか簡単には飲みにくいお酒と感じる人がいるかもしれないが、最近では女性の中でもこの「日本酒」の人気が高まっているようだ。そのいくつかを紹介してみよう。

●出羽桜「出羽燦々」純米吟醸生酒
山形県で造られているお酒で、酸度が1.4、さらに日本酒濃度が+4のお酒である。

これが女性たちに人気の理由としては、出羽桜酒造の特徴的な味である、メロンのような清々しい香り、さらに生の新鮮な口当たりが飲みやすいことが上げられる。

さらにそれに加えて、「出羽燦々」独特のふくよかな味わいが混ざっているため、大変楽しめる味ということができるだろう。

●ジャンパン(JANPAN)発泡純米酒
岐阜県で造られているお酒で、酸度が4.0~4.5、さらに日本酒濃度が-26のお酒である。

このお酒は、全日空国際線ファーストクラスである『ウェルカムドリンク』にて使用されているらしい。

その名前からも分かるように、"ポンッと栓を抜く和風のシャンパン"とも言われている、非常におもしろくておしゃれな日本酒である。

その味はというと、爽快で甘酸っぱい味が口の中に広がるような感じである。

アルコールがやや控えめなため、女性でも飲みやすくて最初の乾杯などにぴったりな発泡純米酒ということができるだろう。

●手取川「加賀美人」本醸造酒
石川県で醸造されている日本酒である。酸度が1.2であり、日本酒濃度-11である。

日本酒度-11なので、その味は甘口である。

この甘さはもち米を使うことによって生まれ、加賀伝統の甘旨口に仕上がっているといえる。

また、甘口なだけではなく後からキレがある。

この甘さとキレにより、日本酒が少し苦手だという女性にも、気軽に飲んでもらえる日本酒ということができる。

●梅乃宿「月うさぎ」発泡純米酒
奈良県で造られている日本酒であり、酸度は4.5、日本酒濃度は-40の日本酒である。

この日本酒はアルコール度7%の発泡純米酒で、今までの日本酒が大好きだった人を始め、女性の人や今までは清酒というものを飲んだことない人にも楽しむことが出来るお酒である。
さらに、酵母の作用によって生じた炭酸ガスを溶け込ませていることにより、発酵炭酸ガスならではと言えるキメの細かい泡が発生し、爽やかな喉ごしを体験できることがこのお酒の特徴である。