日本酒の種類と選び方 > 日本酒のカロリー

日本酒のカロリー

日本酒のカロリーは高いと思われがちだが、実は日本酒には私たちの健康に関するおもしろい効果があるとされている。

例えば、コレステロールの話をしてみよう。コレステロールの中には善玉と悪玉に2種類があるとされている。

善玉には組織や血管に溜まってしまったコレステロールを肝臓へと逆輸送することによって代謝処理してくれる効果がある。この効果を増大させるのが実は適量の飲酒である。

さて、日本酒の中にはというと、悪玉よりも善玉の方が多く含まれている。

善玉と悪玉について、総カロリー数が高くても善玉よりも悪玉の方が多ければ動脈硬化が進みにくくなるとされているため、日本酒の適量な摂取は私たちの健康にとって、むしろいいものと言えることができるかもしれない。

また、日本酒には制ガン効果もあると言われている。

疫学的研究によって証明されているように、日本酒にはガンの発生を軽減する効果がある。

その他にも人のガン細胞の上に日本酒の濃縮液を添加するという実験を行ったところ、ガン細胞の増殖が抑制されたという結果も出ている。

さらに日本酒には100種類以上もの微量成分があり、その中のいくつかがガン細胞の増殖を抑制する効果を生むとされている。

このようなことから、日本酒は高カロリーであるから肥満に繋がるということはできないであろう。

日本酒そのものが肥満の原因になるのではなく、むしろ一緒に食べる食べ物で摂取されるカロリーに原因があるといえるだろう。

そのため、肥満を気にする人は日本酒を飲まないようにするというよりは、普段の食生活を見直してみるかお酒と一緒に食べている食べ物を見直してみるとよいだろう。

また、日本酒を多く飲むお相撲さんは肌が綺麗だとも言われているようである。この理由としては、日本酒は他のお酒と比べて、飲むとより長時間体温を2度ほど高く保つことができるため、皮膚の表面の血液循環がよくなるため日本酒を飲んでいるお相撲さんはお肌がつるつるで綺麗だと言われるのかもしれない。