日本酒の種類と選び方 > 日本酒のアルコール

日本酒のアルコール

日本酒を購入するときに表示にある醸造アルコールというのを知っているだろうか。これは植物性の原料(でんぷん質物など)を発酵させ、その後に蒸留されたエチル・アルコールのことを言う。この醸造アルコールには規定があり、吟醸酒など特定名称酒には、白米の重量に対して10%以下しか加えてはいけないとされている。これによって日本酒をごまかしていると思う人が多いようだが、実はそうではない。この醸造アルコールを加えることによって日本酒の味や香りを引き出すことが出来、また劣化を防ぐ働きもあるようである。このように、日本酒にさらによい「旨み」を与えてくれる醸造アルコールは決して日本酒をごまかしているものではないことが分かるだろう。
このアルコールについて、日本酒は他のビールや酎ハイなどのアルコール飲料などに比べればそのアルコールは高い。そのため、日本酒を飲むと悪酔いしてしまうと言われることがあるようだ。しかし、本来アルコールとは、体温に近い温度であるときに体内に吸収されやすいと言われている。そのため、よく冷やした日本酒を飲むと、それが体内に入っても体温に近い温度になるまで時間がかかり、アルコールの吸収が遅れる。そのため、知らない間に飲みすぎてしまい、悪酔いしてしまうことがあるかもしれない。そこで、人肌に近い温度の燗酒であれば体内にアルコールが吸収されるスピードが早くなり、知らない間に悪酔いしてしまうことうことが少なくなるかもしれない。