日本酒の種類と選び方 > 日本酒と温度

日本酒と温度

日本酒の楽しみ方の一つに、温度を変えることによって楽しむ方法がある。冷やしたり、温めたり、その方法は様々である。
その中でお燗をつけて飲む場合がある。その場合、その温度によって表現が違ってくる。
30℃前後は「日向燗(ひなたかん)」、35℃前後は「人肌燗(ひとはだかん)」、40℃前後は「ぬる燗(ぬるかん)」、45℃前後は「上燗(じょうかん)」、50℃前後は「あつ燗(あつかん)」、55℃以上は「飛びきり燗(とびきりかん)」と、それぞれ名前が付いている。
それでは、このお燗の目安とは何なのであろうか。それは、「香り」と「酸度」である。
「香り」を楽しむお酒であれば、お燗をつけると、それによってそのお酒の香り自体も損なわれてしまうため、あまり良くない。また、「酸度」の強いお酒や、コクのあるお酒はお燗をつけても苦味が出にくいのでお燗をつけるのは良いかもしれない。
さて、次は冷やして日本酒を楽しむ場合である。この場合にも、やはりその温度によって表現が違ってくる。
5℃は「雪冷え(ゆきひえ)」、10℃は「花冷え(はなひえ)」、15℃は「涼冷え(すずひえ)」という名前がついている。
このように冷やして飲む日本酒には、香りがいいものや、さらっとしたタイプのものが向いている。しかし、このように香りが高いのを楽しむ日本酒の場合、冷やしすぎると香りも一緒に飛んでしまうため、「涼冷え」か「花冷え」あたりが一番美味しいかもしれない。