日本酒の種類と選び方 > 日本酒と酒器

日本酒と酒器

みなさんは日本酒を飲むときの「器」について考えたことがあるだろうか。日本酒には様々な種類があり、その日本酒を造った蔵元には、それぞれその日本酒に対するこだわりがある。我々はそのこだわりの味を一番よい状態で飲みたいものである。そのためには、その日本酒によって全く違ってくる香りや味を最大限に引き出す「器」というものも重要な要素となってくる。
日本酒にはそれぞれ成分の構成比があり、その微妙な差によって、香り方や、その時間も変わってくるため、日本酒を注ぐ「器」の容量や形によって、大きくその香りや風味といったものが違ってくるのである。そのため、日本酒というのは、器に注いだ時点から次々と色を変えているのである。つまり、大きな器に少しだけ日本酒を注いだ場合や、小さな器に日本酒を注いだ場合、温度変化が急速に起こるのである。
その日本酒本来の香りと味を楽しむのならば、それぞれの日本酒に適した容量である器を選ぶことが大切である。
では、日本酒を4つのタイプに分けた場合、それぞれのタイプに適した器を紹介していきたい。
●薫酒
華やかに香る、香りの高いお酒なので、ラッパ型や円筒型のグラスを使用するか、白ワイン形状のものを使用するとよい。
●爽酒
軽快でなめらかなお酒のタイプで、清涼感あふれるお酒なのでそのフレッシュさを味わいたい。そのためには温度があまり上がらないような器・グラスを選択するとよい。特に小さめの、飲みきりサイズグラスや、冷やした薄手の器などが適しているだろう。
●醇酒
コクのあるお酒なので、その濃厚な香りがこもりすぎないような形の器を選ぶと良い。特にうりざね型のグラスや、焼きしめの器などを使用するとよい。
●熟酒
熟成されたお酒で、どこか複雑な味がし、香りが次々と変化していくため、その変化を楽しめるような形の器を使用するとよい。特に、ブランデーグラスのような形のグラスや、バルーン型のグラスを利用するとよい。