日本酒の種類と選び方 > 日本酒に合う食事

日本酒に合う食事

☆簡単で健康的な日本酒のお供の紹介☆

●材料:いわし・青紫蘇・酒・みりん・醤油・梅干
●はじめに:イワシは開いておくこと。なお、この時背びれや小骨を取って縦半分にしておくと食べやすい。また、イワシを焼く際にはテフロン加工のフライパンを使用するのであれば油を引かなくても大丈夫である。
●作り方:
1.開いたイワシに半分に切った青紫蘇をのせて、端から巻いていき、つまようじで留めておく。
2.フライパンを熱っしたら、上のイワシを入れて表面に火を通す。
3.酒、みりん、醤油を少々加え、梅干を1~2個入れる。
4.水を少し加えて蒸し煮にする。なお、この時箸などで梅干をつぶすと良い。
5.約3分、中火で蒸し煮にすれば完成!!

●イワシ
良いたんぱく質、脂肪が含まれており、さらに「EPA(エイコサペンタエン酸)」や「DHA(ドコサヘキサエン酸)」などの血液の流れを良くする成分も含まれているので、頭が良くなる効果があるとされている。また、骨にはカルシュウムが含まれており、ビタミンDも取ることができる。
●梅干
クエン酸が含まれているので、その酸味から疲労回復の効果がある。
●青紫蘇
整腸作用に効果があるとされている。

●材料:山芋、(醤油、のり、わさび、柚コショウ、酢醤油、ご飯など)
●作り方:
1.山芋を適当に包丁でたたく。
2.お好みで醤油やのり、わさびや柚コショウを加えろ他にも、酢醤油をかけてご飯にかけるとよい。

山芋は芋類の中で、唯一生で食べることができるため、ゆっくり消化することが出来る。そのため、血糖値が急に上昇することもなくエネルギーの持続性もある。