日本酒の種類と選び方 > ビタミンE入り日本酒&酢ローションの化粧水

ビタミンE入り日本酒&酢ローションの化粧水

女性にとって化粧品はとても大切なものであるのは皆さんも知っているだろう。化粧水に女性たちが求めるのは、やはり保湿効果があり、潤いのある肌を手に入れることであろう。この点で日本酒を使った化粧水は長けている。日本酒にはオリザブランという成分が含まれており、この成分が保湿に優れており、水分の蒸発を防いでくれる。このことにより、お肌は潤い、また美肌や美白に効果があるとされている。
ところが、このような日本酒入りの化粧品を買おうと思うとは料金がかかる。しかし実はこの日本酒入りの化粧水を自分で作ることが出来るらしい。
☆ビタミンE入り日本酒&酢ローションの化粧水
<材料>
●酢2cc
●日本酒30cc
●ビタミンEのカプセルを5粒
●水30cc
●グリセリン小さじ2杯
<作り方>
1.日本酒の中に酢を入れ、さらに水を加える。
2.1にグロセリンを入れる。(ここでは小さじ2杯としたが、お肌の乾燥の状態に合わせて量を変えても良い。)
3.ビタミンカプセルをそのまま入れずに、その中身だけを取り出してここに加える。(ここでも、好みによって加える量を調節してもよい。)
4.完成!!
弱酸性の化粧水に仕上がるため、保湿や美白効果はもちろん、水も加えたことによってアルコールの刺激に弱い人にでも使用可能である。しかし、目安としては10日ほどで使い切るようにしたほうがよい。また、より効果的な方法としてはビタミンカプセルを1個つぶして上記の材料を加え、手のひらで化粧水を作ってマッサージする方法もある。