日本酒の種類と選び方 > 日本酒の豆知識

日本酒の豆知識

日本酒とは、米を発酵させて造られた醸造酒のことであり、清酒とも呼ばれる日本の伝統的なアルコール飲料である。

また、その原料は基本的には米と水である。

その造り方については、まず米の主成分であるデンプンを麹によって糖に変え、それをアルコールへと変えることによって出来る。

その出来上がりは、何種類からにもなる水・米・麹・酵母の組み合わせによって変わるため、その組み合わせによっては様々な日本酒を造ることができる。

その飲み方としては幅広い飲用温度帯があり、その温度帯は約5度~約60度となっている。

このように同じアルコール飲料を温度の変化を味わうことによって楽しむというのは日本独自のものであるといえる。

また、時には魚料理の際に臭み消しとして使われ、料理の調味料として活躍する場合もある。

その楽しみ方としては夜に月を見ながら日本酒を飲んで楽しむ「月見酒」や、日本酒を飲みながら雪を見て楽しむ「雪見酒」、花を見ながら日本酒を飲んで楽しむ「花見酒」などがある。

また、日本酒に関する祭りとしては広島県東広島市四条で行われる「酒祭り」や、高知県香美群赤岡町で行われる「どろめ祭り」、日本各地で多数行われる「どぶろく祭り」などがある。

日本酒には「利き酒」というものがあり、これは日本酒の品質を評価するためのものであるが、本来はその日本酒が出荷できる品質を備えているかということを感覚で評価する官能調査によって確かめるもので、単に日本酒を味見するために行われたり、競技会としてその能力を競ったりするようになった。

この「利き酒」によって「ソムリエ」のように、飲む人の好みによって選ぶ日本酒をアドバイスしたり、食事と相性のいいものを進めたりすることが出来る。
この「日本酒」は最近では日本国内での消費量が減少傾向にあるが、アメリカやフランスなどの海外では「sake」として親しまれている。